toggle
2023-05-17

🌸2023.5.14 神道セミナーzoomオンラインvol.13「大祓詞とは」開催させて戴きました。

みなさま、こんにちは。

光明稲荷神社 神職

髙野です。

2023.5.14 神道セミナーzoomオンライン

vol.13「大祓詞とは」開催させて戴きました。

 


今回のテーマは「大祓詞とは」基礎編①。

奈良時代以前より存在しのでは?と言われて

いる大祓詞。

いつ、だれが作ったのか、全く分からないの

にもかかわらず、太古より現在までずっと

宮中や神社はじめ、一般家庭に至るまで

今日まで日本人が大切に奏上し続けている

祝詞です。

 

神仏習合、陰陽師の台頭、

新興宗教などなど時代や風潮によって、

内容解釈が存在し、様々に形を変えていく中、

今もなお、唱えられ続け、そして又、

その内解釈も色々に存在しています。

 

果たして、大祓詞の中に隠された

私たちが生きる為に重要かつ大事な事とは

何なのか?

大祓詞の解釈。それは、どれが正しいとか、

どれが間違い、という事ではありません。

只ただ、髙野が今までに大神様にお教えを

頂いたこと、そして自身が感じ体得してきた

ことだけを皆様にお伝えさせて戴きました。


 

大祓詞は神道の何たるかを説いた祝詞。

生きとし生けるもの、私たち人間、

そして私たちを取り巻いている自然、生き物に

とっても、幸せ、安寧な日々を送るために

とても大事な祝詞なのです。

 

大祓詞の中にある言葉は生きた言葉。

神様の言葉、言霊です。

身体で、心で感じ、体得すること。

神様と真摯に向き合い、神様を心に

神様と共に神様の御心のままに生きていく、

この随神の道の中、心で分かること

なのではないか、そんな風に思っております。


この大祓詞から戴けるメッセージは、

大神様からのお言葉そのものです。

大祓詞、すなわち、神の言葉。

そして唱える自身の「心もち」

によって、その都度、変化するのです。


皆さまの幸せ、安寧な日々を祈りつつ

今、現在、大神様の御心を髙野が感じて

体得したことを、その都度、

皆さまにお伝えすること。

この事が大神様の使いのものとしての

大切なお役と考えております。


髙野みどりの神道セミナーにご参加いただきまして

誠にありがとうございました。

今後もなお、神道セミナーzoomオンラインで

引き続き、神道、随神の道の神髄、

皆さまにお伝えさせて戴こうと思っております。

また、皆さまと共に学ばせていただけますことを

心から楽しみにしております。


☆彡   ☆彡   ☆彡   ☆彡   ☆彡

 

【セミナーご参加された方々からの感想です】

※皆様のご承諾の上、掲載させて戴きました。

ご協力いただき誠にありがとうございます。

        

★神道セミナー「大祓詞とは」に参加して感じた事

今回は毎日口上している大祓詞についてでしたが

話しを聞いていると、いつも自分が考えていたものとはまるで

違っていたことにびっくりでした。

大祓と言う言葉から悪気ものや念を払うと思いますが、

それだけではなかったのです。

色々話しを聞いているうちに、今度はこうしようとか

前向きになれました。

今回は妻も参加したのですが、参加前はテキストを見て

少し不安になっていましたが、始まってみれば画面上に

紙芝居の様に説明を出してくれるので分かりやすかったみたいです。

いろんな人の話しも聞けて、すごく充実感があったと言っていました。

次は何がテーマか楽しみです。ありがとうございました。

 

★第13回神道セミナー、ありがとうございました。

元来は年に2回の大祓の儀で奏上されていた大祓詞を

家庭祭祀で奏上する際に気になる点、例えば実際には

見る機会のない天つ宮事のくだりを他の参加者の質疑応答

から聞くことができたり、説明を聞きながらふと

祓戸四神の役割分担が鍛冶の流れの様に感じられたり、

これからも形式通りに行うだけでなく楽しく勉強を

続けていきたいと思いました。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

★今回も神道セミナー参加させて頂きありがとうございました。

先月から体調不良が次々と続きそんな時なんで私だけ?

とつい愚痴や文句が多くなり不幸の数ばかり数えるような

生活でしたが無事に病院まで行けた事や小さな事も神様に

感謝の言葉をお伝えしてから少しずつ体調が戻ってきました。

今回のセミナーでは大祓詞の大切さをあらためて知る事が出来ました。

これからも心を平らに穏やかにを心がけて何事にも感謝を忘れずに

頑張ります。

大神様、みどり先生にご縁を頂き感謝しております。

 

★神様なんてどうなの?と思ったのではなく、こんな自分、

自己中で罪穢れだらけの自分が神様と繋がれるわけないと。

感謝の気持ちを込めて大祓詞を奏上しておりますが、

それじゃぁダメだったんだなぁとセミナーを受けて思いました。

慈愛…簡単のようで難しいなぁと。

今回のセミナーで、神様はいかに慈愛の心が深いか、

そして神様と一つになるためには…それが大祓詞の中にあるんだって

思いました。思うは簡単で、ブレたら戻せばいいと、それもまた難しい、

私の元はなんだ?みたい。

だから、神様の前に座る前に、セミナーの資料を見て、

神様とどう心をもって向き合えば良いのか、

目を通してから神様に向き合っております。

今は出来なくても、出来ないなりにやれば…と思っております。

今回のセミナーでは、大祓詞は穢れた自分を取り戻せる、

その為に大祓詞がある!今はそう理解しております。

昨日はありがとうございました。

 

★私はそれなりの年齢になったにもかかわらず、まだまだ日々迷い、

逃げたり、判断に苦しんでばかりの毎日ですが、そのような時に大切な

ことは心を静め元に戻す。軸をしっかりと意識すること。

そこで自身の心を整えるために大祓詞を唱える。

とても自然に理解できました。

 ã¾ãŸã€æœ¬æ—¥ã®ã‚»ãƒŸãƒŠãƒ¼ã‚’通じて強く考えるのですが、

神様は遠いい存在ではなくて、実はとても近くて自身の心の中に

いらっしゃる。

人生の終わりを迎えるとき「よく頑張った!」と言えるような生き方が

できると、神様から頂いた宿題の一つくらいは終えることが

できるのではないかと。

そのためにも大祓詞を大切にしたいと思います。

関連記事