toggle
2023-02-15

🌸令和五年二月十五日  光明稲荷神社 月次祭 「戴いたお品物の意味。大神様からのメッセージとは?」

皆さま、こんにちは。

光明稲荷神社 神職

髙野みどりです。

 

本日は、令和五年二月十五日

春霞。春雨の朝、

光明稲荷神社 月次祭

ささやかではありますが、

執り行わせて戴きました。

 


 

本日は、大神様にご奉納の品として

私どもに戴いたバレンタインデーの

チョコレートをお上げさせて戴きました。

(*^▽^*)

私どもに戴いた心温まる御品物は

御祭りに限らず大神様に

ご報告と共にお上げしています。

 


 

皆さまから贈り物など戴く際に

いつも驚く事があります。

それは、その時その時に必要な

物だったり、テーマとなって

勉強している内容のものであることが

多いのです。

 

今回、戴いたチョコレートもまさに、

そうでした。

なんと、月や星の宇宙をイメージした

チョコレートを戴きました!!!

実は私もこのチョコレートの存在は

知っておりました。(笑)

すてきだなぁ~と思って見てましたので

戴いた皆さまに私の波動が伝わった

のかな?皆さまと繋がっているんだなぁと

嬉しくなりました。

 

でも、、、今回の事は、それよりも

もっともっと、重要なことだったと

気づいたのです!!!

 


 

先日、神道セミナーでお話をさせて

戴きました稲荷大神様と御眷族様の祝詞

「稲荷大神秘文」。

その中には沢山の天体についての事も

触れられております。

そして何より、稲荷大神様は、

万物全てに宿る「宇宙そのもの」

であらせられます。

 

大神様が皆さまにご存在をお示し

気付きをお与えになられたこと。

世界が戦争、病、災害とあらゆる

禍の日々の中。

何が大切か、何が重要かを

お示しになられておられることと

感じました。

本当に有難き事でございます!!

 


 

「神饌」には、神様にお食事を差し上げ

おもてなしをして そのお下がりを参列した

人たちでいただく行為

「神人共食・しんじんきょうしょく」

という意味があります。

 

私は、きっと、この事を皆様にお伝え

すべきことと思ったのです。

ただ、お下がりを食する、というだけの

意味ではなく戴いたものから伝わる

メッセージをも戴く、という事だと

感じました。

 

※神道セミナー※

次回、3月19日にご家庭でのご神饌の

あげた方などの基本的な神饌の事、

伏見稲荷大社の祭りの神饌の歴史を含めて

神饌の持つ深い意味と共に、盛りだくさんの

内容でセミナー開催します!!(*^▽^*)

 

いや~、今回、改めて素晴らしい

気付きを戴きました。

大神様の繋げてくださった皆様との

素晴らしいご縁に感謝です。

誠にありがとうございます。

 

さあ、皆さま、二月も早、後半です。


まだまだ不安定な状況の日々では

ありますが、笑顔で怒らず(笑)

まいりましょう。

笑う門には福来る (*^▽^*)

関連記事