toggle
2023-01-14

🌸○○家霊障神除清祓御祭(塀を覗き込む茶髪の女性と生霊)

皆さま、こんにちは。

光明稲荷 神職 髙野みどりです。

昨年末、霊的な内容の清祓い神事を

ご奉仕させて戴きました。

年末年始、神事が立込んでしまい

掲載が大変遅くなってしまい

申し訳ありません。

 

今回の記事は、私の代わりに

イナリダイジがご報告をさせて戴きます。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

■○○家霊障神除清祓御祭

(塀を覗き込む茶髪の女性と生霊)

昨年、令和4年12月22日に家の清祓神事をしました。

昨年ご依頼者からご相談が有りました。

「我が家のワンちゃんが最近、外の方に向かって

吠えるようになり・・・?」

と飼い主様ご自身も確認してみるも何も無く

吠える事が止むことなく気になり、

みどり先生に霊視して頂きました。

するとご自宅の塀の周りに霊、


 

どちらかと言いますと

「さまよえる霊」とでも言いましょうか?

あちらこちらとフワフワとでも言いましょうか、

歩いているようでした。

そして霊体だけでは無く、

そこには

なんと生霊も居たのです。


 

ご相談者の家の中には入る事は有りません。

その生霊、

「なんとスープです!!!」

ヤバし、

ついココロが震え自分でもコントロール不能

訳の分からない事を言ってしまいました。

「失敗した!」と後悔しています。

 

もう一度、言います

「なんと!」

その生霊は

お母さんだったのです。


 

ご相談者の方とお母さんとは別々に住まわれており

お互いの中が少々、上手くいかない状況だったのです。

しかし生霊としてご相談者の家に入ろうとするもそれが

出来ないでいたのです。

 

「な~ん~でか」?

 

そうなんですご相談者の家には京都伏見稲荷大社から

分け御霊を戴きお祀りをして居たのです。

実はご相談者のお稲荷様、みどり先生の方でご豊斎お祀りを

させて戴いて居り、みどり先生とも長きご縁を戴いております。


早々にみどり先生、大神様にどのようにすべきかご神託を

戴き、その準備を粛々と整え清祓いの神事をご相談者の

ご自宅にて執り行いました。

 

ご自宅に到着、家の周りを観ますとさまよえる霊たちがウロウロ

「あら~!」です。

 

その霊の中にはまだ若い女性で髪ノ毛が茶髪、ご相談者の

家の塀を覗き込んで居たようです。


 

悪さをするほどではないようです。

みどり先生、一応周りを確認、ご挨拶も早々に清祓いの準備を

みどり先生イナリダイジはしました。

 

今回の清祓いで大神様から

眷属の大神、末廣大神様が直々に参るとの事、

「気を緩める事出来ましぇ~ン!!」

「えっ!?」

「何か言いました?」

「そんな!」

「神事している時、おいし~モノ出るのかな~!?」って

たまに考えてしまいます。


 

神事の方、しっかりと執り行って居ります。

神事が始まり「開式報告ノ儀」では警蹕を始め、

末廣大神様が降臨して頂き、神事の方は進んで行きます。


 

家のまわりに塀串を刺し、邪霊等が入れないように結界、

各部屋の中を清め祓い、無事に終了です。



 

ご相談者が

「母は来て居りますでしょうか?」

みどり先生、

「今日はまだいらしてないようですね。」

 

生霊というのは亡くなられました霊より少々厄介だそうです。

でも無事に家の清め祓い家のまわりに塀串を置きこれで

霊体は入ることは出来ませんのでご相談者、ワンちゃんも

安心かと思います。

 

待ちに待ったモノが!!


みどり先生、イナリダイジはご相談者様からのおもてなしを

みどり先生の食べないモノまでイナリダイジは食べました。

 

帰路に向かいかえりは富士山が夕日に赤く染まり始めキレイでした。


 

「あ~!」

「今日もいいことしたな~!」と

こころ満足、昨年12月22日家清祓いのご報告内容でした。

有難う御座います。


関連記事