toggle
2022-12-05

🌸 令和四年度 光明稲荷神社 師走大祓式 人形神事のお知らせ

皆さま、こんにちは。

光明稲荷神社 神職 髙野みどりです。

私共はささやかな小さなお社ではございますが、

京都伏見稲荷大社より分け御霊を戴きまして、

ご奉斎させていただいております。

 

さて、今年もいよいよ残すところ僅かとなりました。

令和四年 光明稲荷神社師走大祓式ご斎行のご案内です。

 

  • 写真は、令和三年度師走大祓式です。●


本年度の師走大祓式も、コロナ渦におきまして

皆様の安心安全のため、神職のみで斎行させていただきます。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

大祓は古来より続く伝統行事。

水無月(六月)、師走(十二月)の年に二回執り行われます。

上半期と下半期の内に積もった罪穢れを祓い、

本来あるべき姿に立ち返るものです。

この大祓式では、皆様それぞれの人形(ひとがた)に

罪穢れを移し、神事にて祓い清めをさせていただきます。

「罪穢れ・つみけがれ」と申しましても、

いわゆる「罪人」、という事だけではもちろん、ありません。

「穢れ・けがれ」といのは、「気枯れ」として「気が枯れる」。

すなわち、元気、気力、パワーが無くなってしまうことの意も

ございます。

 

一昨年からコロナウイルス感染拡大となり、今までになかったことが

起きて様々な試練、色々な方向転換、決断なども余儀なくされてまいりました。

今もウイルスはなお変異して、また、少しずつ感染者が増えている状況です。

まだまだ出口の見えない中ではあります。

そして、世界ではあちこちで悲劇的な戦争が起こっています。

温暖化の加速、経済、貿易などあらゆる面で世界中で大変な状況です。

しかし、私たちは屈せずに前を向いて進んでいかねばなりません。

 

この大祓式で、元々あった気を取り戻していただき、

更に新しい年に向かって再び元気に進んでいけるように

「気枯れ」のエネルギーを「元気な元のエネルギー」へ!!

大神様の御力により浄化、そしてエネルギー満タンに

チャージしていただきましょう!!

皆さま始め、大切な家族の一員であるワンちゃん猫ちゃん、

鳥さん、カメさんなどなど、ご家族さま共に、皆さまが

元気な新年を迎えられますように!!

神職、髙野みどり、誠心誠意、大神様にご祈願させていただきます。

 

☆師走大祓式

  • 日 時

令和4年12月30日 金曜日 午後2時より 人形神事

  • 場 所 光明稲荷神社にて

 

☆人形神事について

本年度も人形の浄め祓い神事の受付をいたします。

※人形をご希望の皆様は、12月20日までに

タカノオフィスまで、メール、お問い合わせフォーム等から

当社までお問い合わせ、お申し込みください。


人形ご依頼の流れ

1 メール、お問い合わせフォーム等から

タカノオフィスまでお申し込みください。

※ご明記戴きたい事柄

①        お名前、ご住所、ご連絡先(電話番号)

②        人形(形代)の数、動物たちの種類

※それぞれを必ずご明記ください。

(例) 人 2枚、ワンちゃん 1枚、猫ちゃん 1枚

 

2  当社より形代と初穂料のお振込み先を明記してご返信いたします。

届きましたら、当方指定口座まで初穂料をお納めください。

◎ 形代(かたしろ) 初穂料  人、動物ともに1つにつき1,000円

                                   送料手数料 100円

 

◆ 形代の取扱方法 ◆

届きました形代を下記の作法に従い行ってください。

↓

(1) 形代に下記写真のように 名前、性別、生年月日、数え歳の年齢を書きます。

※数え年とは、満年齢に1歳を足した数です。

※大祓の日に誕生日を迎えていない場合には

↓

年齢 + 2 = 数え年



(2) 形代に三度息を吹きかけます。

これにより、身体内外の穢れを人形に移します。

 

(3)  「祓(はらえ)へ給(たま)ひ清(きよめ)へ 」と唱えながら

人形(かたしろ)にて「左、右、左」の順で身体を撫でます。

(※頭の上から足の先まで体をよくなでます。

病気で辛い部分を念じながら撫でてください。)

 

作法が終わりましたら、当社まで12月27日までに

当オフィス宛に ご返送ください。

関連記事