toggle

逸話(エピソード)

私のここまでに至る人生、様々な経験、出来事の中からお話させて戴き皆様に私自身を少々知って戴ければ幸いに思います。

現在、私は大神様の元「使いの者」として皆様の大切な人生に関わる様々な事、霊的なお悩みを含めご相談を現世前世と時空を超えあらゆる視点から観させて戴いて居ります。ご縁の在られた皆様には本当の意味で幸せになって戴き悪しき事、全ての改善、明るく元気な明日への解決の道へと導くお役目をさせて戴き日々過ごさせて戴いて居ります。

私は幼少の頃、両親の離婚、父、祖父母の不器用ながらも普通の家庭の暖かな愛情に支えられ生れ育ちました。私は生まれながらに今生の世界とは違う世界が「観える」「聞こえる」「感じる」という体質を持っています。よく言われます処の霊媒体質です。これは決して霊媒体質を血縁から受け継いだ事、今生でたまたまそういう体質素質を持って生まれたと言う事だけでは無かったのです。大神様からお言葉を戴き私自身の御霊の輪廻転生という中でその資質(スピリチュアルな体質)が必要である事、私自身の前世を映像として見させて戴きました。「幾度かの再生の中、前世の経験が積み重なり、その前世の経験が多くを占めている」と大神様からお教え戴き私自信の事が分かりました。

私は普通の女子で育ち小中高を卒業、英語専門学校卒業後、そして東京の某大手企業に就職をしOL生活を送って居りました。私は元来、身体を動かす事のスキな人間です。お仕事をしながらジャズダンスのレッスンに通う生活が始まります。普通の社会人と して過ごし私は自分の主張を身体で表現出来るダンスに強い興味と希望を持ち「ダンサーになりたい!!」という夢を強く抱き実家の猛反対を押し切って退職をしてしまいます。

あの頃の私は本当に若く情熱のみで海のモノとも山のモノとも分からない「ダンスの仕事をし たい!!」 と無謀で恐れを知らず突き進む女の子でした。(笑) アルバイトの日々、尊敬する師匠のスタジオ他、多くのダンスレッスンに明け暮れました。好きで飛び込 んだ世界とは言っても不安や恐さが過る時も沢山あります。練習による怪我、過度のレッスン等、無理がたたり椎間板や膝を痛め半年程動けない事もありました。

そして私の人生の方向に転機が少しずつ起こり始めます。バイクを走らせ運転していた時、一度目の自動車との接触事故、救急車に搬送、二週間程入院。そんな順調な時期、二度目のバイク事故。ダンスクラスで教えた帰り道、バイクに引っかけられ転倒、失神。病院に搬送。映画のレセプション・イベントでダンスのお仕事の依頼が入りましたが事故の為、レセプションに出る事が出来ませんでした。イベントに出席する俳優さんがなんとハリウッドスターの「シュワルツネッガー」さんだった のです。悔しい思い出でした。

私の人生の転機が本来進むべき方向に近づいていたのでした。しかし私は未だダンスを更に深く勉強追求したくニューヨークに渡り、スタジオに レッスンを受けに行きました。現地のダンサー達の素晴らしい容姿とその体系、ダンスの素晴らしさにびっくり!! 日々とても刺激的で楽しい時間を過ごせました。

私は日本でダンスカンパニーを立ち上げ、都内近郊を含め何箇所かでスタジオを構える事が出来るようになりました。第一回目のカンパニー公演も知人、友人、身内と色々な方々の応援で無事公演が出来ました。

その後も横浜本牧アポ ロシアター(NYアポロシアターの日本版と言われて居ります。)で年に数回定期的にダンス公演、又、クラブチッタ川崎と大きなライブハウスで年4回とハードなスケジュールでは有りましたが公演をさせて頂き日々充実して居りました。余談ですがクラブチッタ川崎では海外のアーティストも多くマトリックスで適役になりました「キアヌ・リーブス」さんがバンドライブ演奏をされていました。

此処で私のカンパニー公演のお写真を恥ずかしながらも皆様に少しだけお見せしたいと思います。今、お写真を見ますと懐かし いというか、心の奥底に潜んでいました熱い思い、ダンスの創作や身体を動かし汗まみれになってヘトヘトになった時の状況が胸の奥から蘇ってきます。「もう一度その感覚を、もう一度味わいたい!」と思う事が有ります。懐かしいです。

dance1

テレビのお仕事も入り益々忙し くなりました。その中の一つ、大きな仕事としてテレビ東京開局記念番組、山田太一脚本製作のダンスシーンの振り付けもご依頼戴き沢山の大物俳優さん、大女優さんとお仕事をさせて戴きとても良い経験をさせて頂きました。

ダンスカンパニー主宰しダンス一本で生活出来るよう になって三年程経った頃、私の身の回りに霊的な事が色々と起き始めます。私は今までそのような事をなるべく気にしないよう心の奥に閉めていました。しかし私自身の身の回りに霊的な現象が辛く 伸(の)し掛かかり日常生活が普通に出来ない日々が続いてきたのです。

今まであんなに自分の生きる道としてダンスの仕事をしてきましたが自分の望んでいる道から段々とかけ離れた状況となって行ったのです。日々のダンスの仕事、心身共に疲れ果てダンスカ ンパニーを暫く休止する事となり、その後は英会話を生かして英会話講師をしながら自分自身のダンスレッスンを続ける事となります。

私は霊的な悩みを解決するには仏様の事を学んで術(すべ)を 会得し、守って戴くしかないと思い、京都のある天台宗寺院の密教修行を受ける決心をし京都に出かけました。しかし何とも在り得ない事に同じ名前の違う場所にあるお寺に行ってしまうのです。結局、その道を諦め帰宅した事を覚えています。私の歩む道が違うのでした。

その頃、私共のマンションの部屋に伏見稲荷大社から 分け御霊を戴き大神様の神棚を小さいながらもお造りしてお祀りして居りました。私は今までの事を大神様にお伝えすると 「そなたは随神の道である。」と一笑されてしまいました。私の気持ちの中には大神様に「頼ってはいけない。」「お願いしてはいけない。」と 思って居りました。しかし今回、大神様からのお言葉を戴き「神様に何でもお話した方が良いのだ。」「自分が頑張って行く中であればお言葉を戴いても良 いのだ。」と神様に対しての向き合う心の扉が開かれたのでした。

そして私は何も知らないゼロからの世界である神職の講 義を受けます。己の行くべき道の勉強を進め「随神の道」神道の道を行くというご神託を進んでいくのです。講座の期間中も師匠である宮司の元で神職見習いとして私は大祭、葬祭等、とても多くの良い経験をさせて戴きました。

私は大神様からのご神託で「月参りをしなさい」とのお言葉を戴き、京都伏見稲荷大社に月参りの行を始める事になりました。京都伏見稲荷大社、五柱の主祭神で在られます宇迦之御魂大神様、そして大宮能売大神 様、佐田彦大神様、四大神様 、田中大神様、最高眷属神で在られます末廣大神様、命婦専女大神様に感謝と共に毎回上がって居りました。しかしながら大神様からのお答えを戴く事は有りません。

月日が経ちある日の事です。月参拝に上がらせて戴いた時、大神様より初めて御言葉を戴いたのです。「厳しく辛い道である、それでも行くか?」とのお言葉。私は大神様に「はい!! 勿 論です。仰せの通りにしていく所存です。」とお答えをしとても嬉しく思った次第です。

私は同時期に米国クォンタムタッチハンドヒー リングとの出会いが有り不思議な体験をする機会と為ります。最初は胡散(うさん)臭いと思っていましたチャクラとオーラの存在を私自身の身を持って「観る事」「感じる事」を体験しその存在を経験体得確信したのです。

認定プラクティショナー資格を取得、そのハンド ヒーリングの力と共に、大神様より霊視出来る力、神通力の一つ「天眼力」を授かり、私は神職として又、スピリチュアルカウンセラー、スピリチュアルアニマルヒーラーとして活動を始めていくのでした。

私は大神様のご守護の元(もと)、日々心の鍛錬を積 み、「使いの者」使者として少しでも大神様の御心に応えられますよう色々なお役目を果たす事、大神様とのお約束を 胸に刻み日々過ごし精進して居ります。大神様は私共、皆様を騙したり何かを要求したり、裏切る 事は致しません。男性の様にとても力強く、包容力の有る大きな存在であり、女性の様に優しく温かな大神様です。皆様がもっともっと大神 様とお近付きになられ親しまれ、本当の意味で「幸せな生活、幸せな人生となられますように。」と私は皆様に御神縁を授かって戴きたく望む所です。

未だまだ未熟者の修行真っ只中の私です。これからも 精進努力を怠らず一歩一歩前方の階段を上がり大神様の使者として皆様、動物達の為、お役に立つ事が出来ます様、進んでいく所存で居ります。何卒、これからも宜しくお願い致します。

もう少し私の思い出のお写真を宜しければ見て下さい。

dance2

誠にありがとうございます。     髙野みどり 拝