toggle

光明稲荷

1.光明

光明稲荷は平成22年10月、京都伏見稲荷大社より分け御霊を戴き現在 五年の月日が経ちました。大神様より髙野みどりがご神託賜り、「光明」との御神名を受け「光明稲荷」とお呼びさせて戴いて居ります。

私共は伏見稲荷大社、五柱の最高主祭神であられます宇迦之御魂大神を始め、大宮能売大神、佐田彦大神、四大神、田中大神。そして、最高眷属神であられます末廣大神、命婦専女大神との御神縁を頂いて居ります。

現在、高野みどり先生と私共は霊的問題、神事等、大神様の元、常に御神託を戴き使者としてそのお役目を果たさせて戴いて居ります。

又、平成27年10月の奉祝祭には五柱の大神様、宇迦之御魂大神、大宮能売大神、佐田彦大神、四大神、田中大神と最高眷属神であられます末廣大神、命婦専女大神が我が光明稲荷御神殿にお出まし戴き無事、奉祝祭を終える事が出来ました。

どうぞ皆様も光明稲荷にお越し戴き大神様との御神縁を繋ぎ大神様の御力で守られ安心安全、末広がりの人生が約束して戴けますよう心より願い望んで居ります。

京都伏見稲荷大社にご参拝に行かれる事はとても良い事です。しかし遠方である為、中々、京都伏見稲荷大社に行く事が出来ないと思われて居られます方々、我が「光明稲荷御神殿」にお参りをされる事をお勧め致します。 「山椒は小粒でぴりりと辛い」と昔からの言葉が有ります。

その言葉のように我が御神殿は誠に小さい御神殿ではございます、我が大神様は皆様の願いをしっかりとお聞きして下さいます。是非皆様、お参りにお越し戴ければと思います。我が光明稲荷御神殿に御座す大神様がきっと大吉をもたらして頂ける事間違いなしです。 何卒宜しくお願いします。ありがとうございます。